ブログ
HOME > ブログ:最新記事一覧

検索

カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       

過去の記事

最新記事一覧

インターン生が発信!奥河内フルーツラリー

産業観光課スタッフ2017年08月17日 16:58 |

河内長野市役所にインターンシップに来ている近畿大学の堀田です。

情報発信を担当させていただいております。河内長野の魅力がたくさんの方々に伝わるような情報発信を、今回のインターンシップでできるよう精一杯取り組みます!

(道の駅 奥河内くろまろの郷 を訪問したときの写真です)

hottasann

 

今回は、8月1日から9月30日まで開催されている奥河内フルーツラリーの情報をお伝えします!

奥河内フルーツラリーでは、河内長野でとれた、「河内長野市認定ブランド」の果物をはじめ様々なフルーツを使用して作られたメニューが楽しめるイベントになっています☆

このイベントを通して、河内長野市は様々な美味しいフルーツが食べられる恵まれた地域であることを感じていただくこと、そして美味しいフルーツを作ってくださる一生懸命な農家さん、また、そのフルーツを大切に思い料理を提供するお店が存在することも感じ取っていただけたらと思います。

先日、フルーツラリーの状況を取材しに行かせていただいたお店でお話を伺う機会がありました。

そのお店の方は、奥河内フルーツラリーに対し、大切な想いを抱き参加してくださっています。

お店の方は、お客様に常に美味しいものを提供したいという思いが強く、フルーツラリーのメニューにも非常にこだわってくれています。

そのため、注文が入ってから時間をかけて丁寧に作るスタイルをとっており、注文すればフレッシュな状態のものを食べることができます。

hottasa_n

時間をかけて作るので、お客様が多く来られるお昼どきや休日には提供できないなど、難しい状況ではありますが、お店の方はメニューを少し変えてお客様が注文しやすくするなどの工夫を凝らし、フルーツラリーを良いイベントにしようと前向きに取り組んでくださっていました!

 

今回訪問させていただいたお店のように、奥河内フルーツラリーに対して熱い思いを抱いて参加してくださっているお店が存在することや、その思いが来ていただいたお客様に伝われば幸いです。

奥河内フルーツラリー、8/1から開催です☆

産業観光課スタッフ2017年07月26日 16:56 |

8月1日(火)より、奥河内フルーツラリーがスタートします。

 

河内長野市ブランド「奥河内ながのfoodo」認定品をはじめ、河内長野市産のさまざまなフルーツが、市内店舗のシェフやパティシエ達の手により素敵にアレンジされます。

今年の参加店一覧はこちら↓

 

図1 

まずは桃などのメニューが多いと思います。

そして、季節のうつろいに合わせていちじくやぶどう、梨などに…

 

「河内長野って、こんなにいろいろ果物とれるん?」

まずは、そんなきっかけになれば、第一目標はクリアです。

 

そして、

「地元の果物を使ったメニューを食べられるお店って、こんなにあったん??」

という発見につながれば、第二目標もクリア。

 

「奥河内のフルーツを使ったメニュー、おいしいやん!」

という声が聞ければ第三目標クリア。

 

そして、究極の目標は、このイベントが終わった後も、農家さんとお店さんのつながりが続き、地域のものを地域でたいせつにしよう、という空気が残ること。

 

これが自然と続いていけば、河内長野にお住いの方はもちろん、河内長野に訪れた方にも、食を通じた奥河内の自然の恵みが伝わるはず。

そんな面白い、素敵なまちになることを願って、スタッフはイベントスタートに向けて日々準備中。スタンプラリーの台紙も、単なる「ハンコをもらう台紙」ではなく、生産者や料理人の方々の思いあふれる読み物となっております。

せいさんしゃ

 

料理人

ぜひ、ご参加くださいませ!

スタンプラリー台紙などは、イベント参加店でも配布中。イベントの詳細は、こちらまで。

http://www.city.kawachinagano.lg.jp/kakuka/kankyoukeizai/sangyoukankou/event/1465372226667.html

奥河内フルーツラリーでのあたたかいコメント、ありがとうございました

産業観光課スタッフ2017年03月10日 19:05 |

ご無沙汰の更新になってしまいました。

今年度に実施した、奥河内ながのfoodo認定品をはじめとする、奥河内のフルーツを楽しんでいただくためのイベント「奥河内フルーツラリー」

dav

 

 

どんなイベントだっけ?という方はこちら

 

多くの方にご応募いただいたのですが、何よりも驚いたのが、ご応募いただいた方からのメッセージ。

応募ハガキには生産者さんやお店屋さんへのメッセージ欄を用意していたのですが、正直「なかなか書いてもらいにくいだろうな…」って考えていました。

 

…しかし!!

ビッシリと、温かいメッセージが書かれたハガキを、たくさん送っていただきました。

 

70通を超えるメッセージの中から、公開OKをご了承いただけたものをご紹介します。

 

「公開はちょっとNG」という方も結構いらっしゃったので、ご紹介できるのはほんとに一部だけなのですが…一部だけでもぜひぜひお目通しください。

メッセージ(公開OKのみ)

(PDFが開きます)

 

このイベントは「美味しいフルーツを使ったメニューが食べれますよ☆」っていうイベントなのですが、その裏には

 

「美味しい空気や水がある場所ですよ」とか

「一生懸命な農家さんがいるところですよ」とか

「地元のものを大切にする飲食店さんがあるんですよ」

とか、いろいろなことをお伝えしたいという思いがありました。

 

そして、今回いただけたたくさんのメッセージの、ほんの一部ですがご紹介することで、

「奥河内エリアは、農家さん、飲食店さんだけでなく、お客様も、みんなで地域のものを大切にしていこうという方が集まる場所

なんだなぁ、ってことも、より多くの方に伝わったらいいなあと思っています。

 

それほど、温かいコメントばかりでした。本当に、ありがとうございました。

 

奥河内フルーツイベント 企画中!

okukawachi-brand_admin2016年06月03日 21:04 |

奥河内って、いろんな果物があるんです。

このページを見ている方々にとっては、「何を今さら」かもしれませんが、知る機会が無い食べたことが無い、という方も、やっぱりたくさんおられます。

 

このブランドは、そんな奥河内の農業を知っていただくための取り組みでもありますが、どうにかしてもっと頑張って、このブランド認定品をはじめ、奥河内の農産物の魅力を多くの人に知ってもらいたい!

 

で、ふと考えたとき、河内長野市内でブランド認定品をはじめ、奥河内フルーツを使ったメニューを提供している飲食店って、あるんですよね。

 

大量生産品や輸入品と比べて、けっして安いものではない

 

でも、地元の農家さんがこだわって作ったフルーツが素晴らしいものだから、地元のお店が仕入れて使っている。これって、素晴らしいことだと思うのです。

 

こんな農家さんやお店屋さんがいるから、私たちは採れたての一番美味しいタイミングで食べられるわけで、それって、すごい贅沢なことだと思うのです。

 

いま、そんな取り組みの輪を広げていけるよう、そしてそんな取り組みを多くの人に知っていただけるような楽しいイベントをしようと、準備を進めています。

難しいこともたくさんありますが、いろんな方々が協力してくださっています。

何とか成功させたいと、心から思って準備しています。

 

詳細が決まればまたお知らせします。

それまでの過程も、少しでもお伝えしていければと思っています。よろしくお願いします。

0001

 

売場の情報をお届け:森岡さんの紅ほっぺ

2016年03月23日 23:35 |

売場の情報をお届けします。
今日は「森岡さんの紅ほっぺ」をご紹介。

「森岡さんの紅ほっぺ」は、ブランド認定のいちごです。
あすかてくるで河内長野店と、アグリかわちながので販売中です。
ゴールデンウィーク前までが販売時期です。

IMG_20160301_102844

森岡さんがいちご作りに励んでいる「高向」って、もともといちごの栽培が盛んな場所だったって、ご存知でしたか?
いちご栽培のための電照で、遠くから見ても高向の一帯は夜明るかった、とか。
大阪外環状線の開通など、都市化の影響もあっていちご栽培は減少、今では高向がいちごの産地だったことを知っている人も少ないのでは(ちなみに、市内で生まれて30年のスタッフは知りませんでした)。

高向で育った森岡さんは、そんな高向のいちご生産を復活させたいという思いで、日々いちごを栽培しています。
そんな森岡さんの育てた紅ほっぺ。大量生産ではないので売り切れかもしれませんが、それも直売所の醍醐味ということで、見つけたらぜひ一度ご賞味を。

認定品【森岡さんの紅ほっぺ】についてはこちら

生産者【森岡 清隆】についてはこちら

知って欲しい河内長野市の農産物

河内長野市にお住まいの方。
お住まいでなくても、河内長野市をご存知の方。

140806tanakabudou02

ほとんどの方が、河内長野市にある畑や田んぼを目にしたことがあるかと思います。
じゃあ、河内長野市では何が採れ、地元産の農産物は何が買えるのか、まで知っている方は、急に少なくなるはずです。

140806kakiutinouen06

河内長野市産品ブランドには、果物を中心にさまざまな種類の認定品があります。
ぶどう、桃、梨などの生鮮品から、ジャムやお酒…もちろん、全て河内長野市で採れたものから作られていますが、多くの方のリアクションは「えっ、こんなん河内長野市で採れるん?」。

nakatanimomo5-2

生産者さん、それぞれのこだわりや情熱はさらに深いものがありますので、それももちろん発信していきます。でも、まずは河内長野市産品ブランドを通じて、河内長野市で作られている農産物や加工品を知ってもらうことが、河内長野市の魅力を伝える第一歩だと思っています。

河内長野市産品ブランド認定品はこちら

河内長野市産品ブランドブログはじめました

はじめまして。
河内長野市産品ブランド 事務局です。

大集合

いま、河内長野市では、市内で採れる農産物や、それを利用した加工品などをブランド化し、広くPRしていこう、という取り組みをしています。

ブランド名は、「近里賛品かわちながの」。

ロゴ

聞いたことがある方、ありがとうございます。
聞いたことがない方、改めまして、はじめまして。これから頑張ります。

このブログでは、ブランド認定品の情報やイベントなど、日々の情報はもちろん、ホームページやパンフレットでは書ききれない河内長野やブランドのことなどを、発信していきます。

ページ先頭へ戻る