認定品と生産者
HOME > 認定品と生産者 > 生産者 > 門林栗園

門林 伸伍

かつて「萩原」と呼ばれたこの地区では、大きくて品質の良い栗が実ります。完熟したものをその日のうちに収穫する鮮度の良い栗です。甘味があり、ほくほくした食感と、風味豊かな味わいが自慢です。

  • 自然が育む

    栗は自然豊かな河内長野市の風土に合った作物。
    栗づくりは祖父母の頃(明治)から行っており、昔から天見は栗の産地で栗拾い場所として遠足など行っていました。
    栗の栽培に一番大切なのは土。うちの栗は赤土とたっぷりの腐葉土で育てているので、充分に栄養が行き渡り、大きくて甘い栗に育つのです。山の斜面なので、水ハケが良いのも重要なポイントです。

    栗の素性

    栗にも色々な種類があるのですが、大半は銀寄(ぎんよせ)という品種を使っています。大きくて味が良いのが特徴。他の品種も育ててみましたが、やっぱり銀寄が一番いいです。

    農薬散布数をなるべく減らしています

    栗の木の消毒回数を減らすなど、安全・安心への取り組みを行っています。

    美味しい食べ方は

    とにかく大きくて甘いので、栗のしぶ皮煮やマロングラッセに適しています。湯がくと真っ黄色になり見た目も美味しそうになりますよ。

主な販売場所 アグリかわちながの
あすかてくるで河内長野店(道の駅 奥河内くろまろの郷内)
問い合わせ先 河内長野市岩瀬279
Tel. 0721-68-8454

門林栗園の認定品についてはこちら

販売場所・販売時期についてはこちら

ページ先頭へ戻る